コンテンツへスキップ

私がクレジットカードを初めて所持したのは、就職をしてからでした。クレジットカードは、自分の財布の中に現金が無いにもかかわらず、カード一枚で支払いが出来てしまうため、持った当初は「怖い」という印象を持っていました。しかし現在では、使い方を間違わなければ家計管理も楽になり、なによりも節約をすることの出来るものだと思っています。私がクレジットカードを使用する際に決めているルールがいくつかあります。ルール1、支払いは一括か手数料のかからない2回払いまでルール2、リボ払いは絶対にしないルール3、カードで支払ったお金は、カード引き落とし口座にすぐ入金する。このルールを呼んでお気づきかと思いますが、カードを使用していも現金払いの状態と同じにしています。それならデビットカードにすれば良いのでは?と思うかもしれませんが、大きな買い物をする際には意外に「2回払い」という機能は便利なのです。きちんとルールを決めて使用できる人にとって、クレジットカードは絶対に持つべきものだと思います。しかし、ルールを守れず現金がないにもかかわらずカードを使用し、自分が今いくら使用しているのか分からなくなる人は持つべきではありません。クレジットカードほど、使用者しだいで善にも悪にもなるものはないからです。