クレジットカードは非常に便利だと思います。以前は小額の決算でもわざわざサインが必要でしたが、最近は普通に買い物する分にはサインは必要ないお店が多いのでスムーズに決算できます。あとネットシップでも代引きや振込みより手間がかからないし、何よりポイントで還元されるのでとってもお得、私の場合はショッピングの1回払いのみでの使用なので手数料は一切かからず恩恵のみを与っています。たまったポイントも以前は限られた商品の中から選ぶといったパターンが多かったのですが、最近は現金化したり、商品の種類も増えて使いやすくなりました。

 以前はクレジットカードを持っていると「ちょっとセンスのある人」「時代の最先端をいっている人」というイメージが少なからずありました。クレジットカードが広がり出したのはここ10数年の間ですし、それまではまだまだ現金決済が主流でした。しかし、今はもうそんな時代ではありません。 20歳になって働くようになればほとんど誰でもクレジットカードを持っていますし、それはインターネットが普及するとともに若い世代にも広がっていきました。ですので、これからの時代は大人になったら1人1枚の割合でクレジットカードを持つようになるのではないかと私は思っています。

クレジットカードを作るときに事務的なものはそれほど難しくありません。クレジットカード会社の申込用紙に必要事項を記入して申し込むだけで審査に通ればすぐにカードが送られてきます。必要事項も氏名や住所、勤め先や勤続年数、年収など普通に暮らしていれば少々年収が少なくても審査に落ちることはありません。学生でもクレジットカードが作れることからもわかると思います。クレジットカード作り方で一番高く大きなハードルになるのはそれまでのお金を使ってきた履歴が要因になります。他社のクレジットカードで支払いの延滞の履歴があれば新しく別のクレジットカードの会社でも作りにくくなります。個人情報として借金や自己破産などの履歴があればクレジットカードを作るのは非常に難しくなります。そういった情報が消えてくれるのは数年から5年ぐらいはかかるといわれいてそれらの履歴が消えるまではクレジットカードが作れないといわれています。しかし、審査が通らないはっきりとした原因はカード会社は答えてくれないことがほとんどです。これらに心当たりがない場合でも保証人になって保証金を支払っている状況であったり、無職である情報が行き届いていたりすることでカードが作れないということもありえます。

普段から食料品を買うときに利用している大型スーパーで支払いの際にクレジットカードを使っていたのですが、ポイント目当てという点で使っていたもののお店の系列のカードではなかったのでポイントを効率よく貯められていなかったらしく、それに気づいてからは系列のカードを作り直して使用するようになりました。するとポイント面での優遇だけではなく日にちによって割引サービスを受けられるなどのアドバンテージがあったから、今まではクレジットカードは一枚しか持たないと決めていていたせいで特定のお店に特化したものになかなか手を出せなかったことが悔やまれますし、これからはどんどんこのカードで支払って少しでも安く買い物していきたいです。

クレジットカードを自分で持つようになったのはここ数年のこと。学生時代はそんなものはまだまだ先の話だろうと思っていた。そして2年ぐらい前に念願?の自分専用のクレジットカードを作った。お金に余裕はないのだが、あればきっといつか役に立つだろうと考えた上で作った。さて、いつ、どういう時に使うのか。昔のイメージからすると大きな買い物、今であればパソコンや家電製品、趣味であるカメラやレンズを買う時だろうか。そのイメージはそのまま今に繋がっていた。年明けにタブレットを買った時もクレジットカードでお支払い。釣りに行く時のガソリンもクレジットカードで支払うと2円引きになるので非常に役立っている。

わたしはクレジットカードを3枚持っています。このクレジットカードは自分が必要だと思ったから作りました。必要がないクレジットカードは年回費が無料でも作りません。持っていたって使わなくては意味がないからです。欲しくて作った3枚のクレジットカードは、ほとんど毎日どこかで役に立っています。ガソリンスタンドで利用するクレジットカードは、クレジットカードのポイントが2倍とか3倍になるので使わないわけにはいきません。クレジットカードのポイントをずっと集めているからです。クレジットカードは使い方によってどんどんポイントがたまるので現金よりも魅力的です。

私は普段、クレジットカードとして楽天カードを使用しています。多くの方が使用しているカードでありますので、カードの概要については今更説明するまでもありませんが、ここではポイントを貯めやすいカードである楽天カードのより効果的な使い方を1つ紹介します。それは、楽天での買い物はほどほどにして、日常生活でどれだけ使用できるかです。毎月の光熱水費、ガソリンの給油、さらにはスーパーでの買い物から、nanacoへのチャージ等、とにかくあらゆることに使用できますので、ほぼ楽天カード1つでまとめることができます。このことはポイントをより早く貯めることができる他、楽天カードの使用明細はwebですぐに確認できるので、毎月の家計簿代わりにもなるのです。みなさんもぜひ新たな楽天カードの使い道を考えてみてください。

手持ちのお金がない時や小銭がない時に便利なクレジットカード。現金で支払うときよりお金を使ったという感覚が少なく、ついつい余計なものまで買ってしまう気がします。毎月の明細を見て利用金額に驚いた経験も何度かあります。クレジットカードを利用するメリットは現金で支払った時には貯まらないポイントが貯まることです。分割やリボ払いの場合は手数料がかかり支払いが大変ですが、1回払いや手数料のかからない支払方法できちんとやりくりできるのであればすべての支払をクレジットカードで行いたいと思っています。最近では公共料金の支払もカード決済ができるようになり、こつことポイントをためている私はとても助かっています。