コンテンツへスキップ

私は普段から現金を持ち歩いて決済をするようなタイプでした。現金が手元になければ不安でいてもたってもいられなくなるのです。しかし、先日店員にすすめられて契約したクレジットカードが手に入ってからは、いつもクレジットカードを財布にしのばせるようになったのです。クレジットカードがあればどんなシーンでも活躍するので、保険のつもりで持っておくのもいいのかもしれません。ある程度の年齢になれば大人としての信用度にもかかってきますので、クレジットヒストリーを積み上げるためにも有効だと考えています。いずれ大きな買い物のためにローンを組む時の練習として、また日常使いの便利な保険としても活躍してくれています。安心感を与えてくれるようなカードは複数枚あってもいいですね。

クレジットカードにはいくつか種類がありますが、中でも高い人気を誇っているのが銀行系のクレジットカードです。銀行という高い安心感を得られる金融機関でクレジットカードを作成するからこそ、大きなメリットを得られるのです。例えば、その銀行に関するサービスが受けられます。残高の額によって特典を得られたり、特に自分がよく使う銀行のクレジットカードを作成することで高い満足度を得ることができるはずです。クレジットカードは一枚作っておくだけでも便利な存在ですが、どこで作るかは重要な問題です。その点銀行なら、高い安心感と確かな使い勝手を両立しているので、自分が頻繁に活用している銀行のクレジットカードを作成してみましょう。

クレジットカードを選ぶポイントは3つあります。1つは年会費です。だいたいどのクレジットカードも年間で数千円の会費がかかります。たかが数千円と言っても、何も買わないでいてもかかる費用ですのでバカになりません。そういう人のためには、年会費が0円という条件で選ぶのがひとつのポイントです。2つめは、ポイントです。ポイントの還元率として高いクレジットカードは1%のポイントが付くカードもあります。1万円使って100円ですが、これも年間で考えると、数千円程度になることもあるので、還元率が高いところを選ぶのがおススメです。3つめは、ポイントの交換方法です。ダイレクトに値引きにそのまま使える場合もあれば、商品やプレゼントに交換という会社もあります。おおむね前者の方が率としてはいいので、前者の会社を選びましょう。