最近、クレジットカードでの決済比率が高くなっています。以前までは現金での決済がほとんどで、クレジットカードは1枚だけ持っていましたが、使用していない状態でした。ところが、ショッピング方法が変化したことによって、クレジットカードでの決済比率が高くなっています。ショッピング方法の変化というのは、店頭購入からインターネット通販での購入が多くなったことです。インターネット通販は、洋服を購入する際に時々利用していました。しかし、インターネット通販で販売されている物の種類は非常に多いです。インターネット通販では、代引きや銀行振り込み、コンビニ払いなどが可能です。しかし、クレジットカードがあれば、カード情報を入力するだけで良いですし、価格によっては分割で決済できるため、私には便利なサービスです。

最近のクレジットカードは色々な機能が集約されていて、使用するシーンで複数のカードをいちいち探して取り出さないといけないということがなくなり、行動の幅の広い私にはとてもありがたいです。よく使うのは私の場合ですと通勤のときが一番多いかもしれません。改札を通るのにタッチするのはもちろん、会社に着く前に立ち寄るコンビニで飲み物を買うのにクレジットカードを出します。以前ならこれが別々だったけれど、クレジットカード一枚でできるようになったこともあり、財布とは別に専用のパスケースに入れて出しやすくしています。このごろ休日になると遠出することも多いから、そのうちETCに対応したクレジットカードに変更してスイスイと専用のレーンを通過してストレスなく運転したいです。

クレジットカードを持っていると、ポイントサービスがあったり、割引や優遇サービスがあったり、現金で支払うよりもスピーディーな支払いができるなど色々便利な点がありますよね。でもそんな便利なクレジットカードですがクレジットカードには年会費がかかることがあります。せっかく便利なクレジットカードですが年会費を念頭に入れてそれがお得かどうか考えるようにしなければいけません。完全年会費無料のカードや、条件付きで年会費が無料になるカード、無条件で年会費がかかるカードなどありますから、自分のニーズにあったカード選びをしましょう。特に注意したいのは条件付きのカードです。条件付と言っても年間で○○円以上利用すれば無料と言うような簡単な条件なことがほとんどですから、そういう場合にはきっちりと条件を満たしておくとお得に利用できます。