コンテンツへスキップ

クレジットカードを作るときに事務的なものはそれほど難しくありません。クレジットカード会社の申込用紙に必要事項を記入して申し込むだけで審査に通ればすぐにカードが送られてきます。必要事項も氏名や住所、勤め先や勤続年数、年収など普通に暮らしていれば少々年収が少なくても審査に落ちることはありません。学生でもクレジットカードが作れることからもわかると思います。クレジットカード作り方で一番高く大きなハードルになるのはそれまでのお金を使ってきた履歴が要因になります。他社のクレジットカードで支払いの延滞の履歴があれば新しく別のクレジットカードの会社でも作りにくくなります。個人情報として借金や自己破産などの履歴があればクレジットカードを作るのは非常に難しくなります。そういった情報が消えてくれるのは数年から5年ぐらいはかかるといわれいてそれらの履歴が消えるまではクレジットカードが作れないといわれています。しかし、審査が通らないはっきりとした原因はカード会社は答えてくれないことがほとんどです。これらに心当たりがない場合でも保証人になって保証金を支払っている状況であったり、無職である情報が行き届いていたりすることでカードが作れないということもありえます。