楽天カードは、比較的誰でも審査に通りやすく手軽にカードを作れるので学生でもオススメです。キャッシングやショッピングも無理のない程度の額で作れるので、後々自分が困る事がないように思います。私も最初に作ったクレジットカードは楽天カードでした。学生ではなかったけれど、仕事はパートタイムだったので審査がどうかなと思っていたのですが、すぐに作る事ができました。作ったときはキャンペーン中で8000ポイントがついてきました。なので最初から楽天市場内でのショッピングが楽天カードで8000円分無料で使う事が出来たのでお得に感じました。こういうキャンペーン、学生にはうれしいですよね。あと、ポイントも楽天市場内での買いもので最大10倍の時があり、よく貯まります。たまったポイントも1ポイント1円から使う事ができるので凄く便利だと思います。学生だとまだ、アルバイトで少しのお給料しかないから、こういうポイントがよく貯まり、賢く使えるカードだと良いような気がします。なんせ、なかなか審査も厳しくなったこのご時世なので、楽天カードは学生の見方のような存在。学生だってオシャレや欲しいものを買いたい時もあると思うのでクレジットカードがあると便利だし、楽天カードがオススメです。

クレジットカードはいろんなお店で使う場面が多いと思いますが、持ってて良かったと思うのは割引など特典の恩恵を受ける時かもしれません。実際にカード一枚でどこでも使えるから、普段使いでも便利ですしね。特に私が持ってて良かったなと思ったのは、外国に行った時でしたね。スペインだったのですが、世界共通で使えるクレジットは持ってて安心感がありましたよ。英語はちょっとなら分かりますが、スペイン語なんてその時は全くと言っていいほど分かりませんでした。言葉が分からなくてもお金さえ払えるなら、何とでもなります。外貨を持っておくより、手数料の面でクレジット払いの方がお得なことも多いですからね。海外旅行に行かれる際は、是非とも世界で広く使えるクレジットカードを持っておかれた方が良いですよ!

 今私が持っている炊飯器は、もう5年以上使っています。まだまだ現役で使えているのですが、さすがに買い替えたい気持ちが少しずつ強くなっています。思えばその炊飯器は、できたばかりのクレジットカードで買った物でした。炊飯器がなければご飯を炊くことができませんので、その前に使っていた炊飯器が壊れたときすぐに買ったのです。 次に炊飯器を買うならば、またクレジットカードで買うことになりそうです。炊飯器の価格はだいたい1万円から2万円の間を想定しているのですが、クレジットカードで買えばそれなりにポイントが付与されます。クレジットカード決済で家電を買うのは久しぶりなのですが、ポイントのことも含めて買うことへの期待感はかなり大きいです。

 最近フリマアプリにハマっています。主にメルカリを使っています。思わぬ掘り出し物や欲しかったものが通常より安く出品されていて、どんどん買ってしまいます。クレジットカードを使用して料金を支払っているので、すんなりと買えてしまいます。おかげで先月のクレジットカードの請求書を見たら、通常の月の3倍も払うことになりました。思わず、二度見して何かの間違いではないか、とクレジットカードの会社に問い合わせをしそうになりました。

 しかし、全額私が購入した料金でした。ひとつひとつは小さいものですが、積み重なれば、大きな負担になることを学びました。お金を使用しているという実感が薄くなるので、今後はほどほどに気を付けていこうと思います。

海外旅行はとても楽しいものですが、病気や怪我などをしてしまったとき、また盗難にあった場合など、とても不安ですね。特に、海外で病院にかかると、莫大な治療費を請求されることが多いです。そのようなときに、「海外旅行保険」を付帯しているクレジットカードが役に立ちます。ゴールドカードには大抵のカードに付帯されていますが、ゴールドカードだけでなく、無料で申し込みできるカードにも海外旅行保険を付帯しているものもあります。例えばエポスカードや、ジャックスカード、オリコiBカードなどです。また、海外旅行保険を付帯しているクレジットカードを複数持てば、死亡保障以外の項目は金額を加算できるので、複数持っておくと安心です。ぜひクレジットカードのサービスを利用して、安心して海外旅行を、楽しんで欲しいと思います。

普段、私はクレジットカードはあまり持ち歩く方ではありません。それは、余分にお金を使い過ぎてしまう気がして、気持ちが大きくなってしまう気がするからです。でも、少し大きな買い物をするときには、やっぱりクレジットカードを使った方がお得感があるので、使うことにしています。いつもショッピングをしているファッションビルではポイントが溜まると、そこのビルの商品券になるので、その点ではお得だと思います。その商品券では普段高価だなと思う品物を買ってみたり、バーゲンセールのときは、よりお買い得な品物をポイントで溜めた商品券を使うことでお得感が感じられ、いい買い物の仕方をしたなと感じています。気軽に使えるクレジットカードなので、これからも使いすぎないように賢く使っていきたいです。

いろんなメリットがクレジットカードにはありますが、私が感じるのは履歴がきちんと残るということです。海外旅行で使った場合など、どこの店を利用したのかというのもレシート代わりにクレジットカードの履歴を見れば調べることも出来ます。クレジットカードだと何に使ったかわからないということはなく確実にいつどこで購入したのかがわかるので無駄遣いをピンポイントでチェックすることが出来ます。確かに利用するときは財布に現金がなくても購入できてしまいます。逆に現金だと財布にあるだけなのでそれ以上使うことはないですが、いつ何に使ってしまったのか財布にお金が足りないということもあります。クレジットカードは履歴によって確かに使ってしまっているということが何かというのがわかるので今後の節約の対策にもなります。

無印良品を買う人のクレジットカードはMUJIカードが鉄板です。まずMUJIカードを持っていると年に数回ある無印良品週間において10%割引が可能となります。これは非常に嬉しいサービスですね。またMUJIカードのポイントは永久不滅ポイントで、有効期限がありません。しかもこの永久不滅ポイントをMUJIショッピングポイントに交換すると還元率は1.8%となります。1.8%というのは、業界でもかなり上位の還元率ですね。さらに誕生月にMUJIカードを使って無印良品を購入すれば、MUJIショッピングポイント500円相当がプレゼントされます。なお、このポイントは有効期限が一か月です。それでも、お得なサービスであることには間違いありません。無印良品を買うならMUJIカード。ぜひ、検討してみてくださいね。

地元のショッピングセンターに入った大手100円ショップで、クレジットカードが使えるようになりました。このショッピングセンター内で私はスーパー、食事、映画館、駐車場、全てクレジットカード決済していたのですが、唯一100ショップだけが現金でした。頻繁に訪れる自分としては小銭を持っていく必要が無くなったので、非常に快適です。ただ100円ショップのレジはスーパーのレジのように迅速ではなく、店員さんが手打ちで現金払い→クレジットカード払いに切りかえる作業にけっこう時間がかかるのです。後ろに大行列ができている時など、クレカで払うのをちょっと躊躇してしまうほどです。スーパー設置の、現金払いよりクレカ払いのほうが圧倒的に速いレジが導入されると更に良いな、と思います。

帰省や仕事などで飛行機を頻繁に利用していて、クレジットカードの特典で旅行に出かけたい人にぴったりなクレジットカードがJALカードです。JALカードは、通常200円につき1マイル貯まりますが、ショッピングマイルプレミアムという有料サービスに入会すると100円につき1マイル貯まりますので、このサービスは利用したほうがお得です。日本国内の無料特典航空券に交換するには、約1万マイルが必要です。例えば東京と福岡間なら14000マイルが必要ですが、この区間を利用すると、片道で567マイル貯めることができます。往復するとすぐに1100マイル、年に2回行き来すると考えるとすぐに2000マイル以上になります。また、月々の公共料金の支払いや、コンビニから百貨店、旅館やホテル等全国に52000店もあるマイルが2倍になる特約店での支払いをJALカードにすることで、1万マイルはすぐに貯めることができるでしょう。